目標達成のための営業支援なら自社対策と専用ソフト導入などの対策がある

営業は漠然と売るのではない

結果につながらずに困っていました営業は漠然と売るのではない自己流の営業にムダが多いことを実感しました

営業は漠然と売るのではなく、購買意欲がある人に売ればうまくいくと言われますが、それを可能にするのが営業支援です。
さらに近場と遠方の顧客に対して営業手法を変えていきました。
対面できる距離に住んでいる顧客には積極的に会うようにし、遠方で会うことが困難な顧客には電話とメールを中心に営業したのです。
そして相手が見込み客になる可能性が高いと判断したら、遠方であっても面会をする流れを徹底しました。
それにより新しい顧客が増えていき、売り上げは格段に上がったのです。
営業成績が向上してくると、自然とモチベーションが上がっていきます。
やる気が出れば出るほど、さらに結果を残したいという欲が湧いてきました。
目標達成のための営業支援なら、ネットをフル活用するのも手ですね。
ブログやSNSで企業情報を発信したところ、関心のある層を呼び込めるようになりました。
この方法はテレアポより効果があって、見込み客をより絞れるようになったのです。
基本的にブログやSNSに繰り返し訪問してくれる人は、自社の商品に興味を持っています。
自社で提案された営業支援は大成功しましたが、その後も営業支援ソフトを活用するなど工夫したところ、さらに結果を残せるようになりました。
見込み客の情報をグラフ化できるので、視覚的に顧客情報を把握できるようになったのです。
簡単に比較ができるので、アプローチするべき優先順位も見えてきます。