目標達成のための営業支援なら自社対策と専用ソフト導入などの対策がある

結果につながらずに困っていました

営業マンとして2年ほど従事しても結果につながらずに困っていました。
石の上にも三年とは言われますが、2年目になって挫折しかけていたのです。
そんなとき会社が導入したのが営業支援というサポート制度でした。
なぜ結果が出ないのか分析をし、個々に合ったアドバイスをしてくれるわけです。
目標達成のための営業支援といえばソフトウェアを使用する方法を連想しましたが、自社の場合は営業部の部長が先導して進められていきました。
それにより自身の改善点がいろいろとわかってきたのです。
最初に実施されたのはプロセスの転換であり、顧客のアクションを見極めてからアプローチしていく方法が提案されました。
それまでは営業件数を増やせば成約率につながると考えていたのですが、そうではないことがわかりました。
今まで自分のことばかり考えており、顧客のことは軽視していたのでしょう。
顧客のアクションを重視する手法に転換したことで、営業成績が飛躍的にアップしたのです。
これは見込み客を見つける能力を養うカリキュラムで、成約率はぐんぐん向上していきました。
あとは顧客リストを比較検討し、見込み客を絞っていく方法も実践しました。
顧客をプロフィール化して成約率を予測していくわけです。
あとはメールマガジンで個別に詳細を伝えるなど工夫したところ、安定的な売り上げが出るようになりました。

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、クライアントニーズに成果で応える「成果追求型営業支援」を基本コンセプトに、リアル(実店舗等)とバーチャル(EC等無店舗)の枠組みを融合した「オムニチャネル営業支援企業グループ」https://t.co/6TBxtrGmCO

— 株Dog (@kabdog) July 7, 2020

結果につながらずに困っていました営業は漠然と売るのではない自己流の営業にムダが多いことを実感しました

目標達成のための営業支援なら / 営業は常に数字